地盤調査

地盤調査|スクリューウエイト貫入試験

🔸地盤調査は土地の健康診断です。

地盤の性質は場所によって異なりいろいろな性質があります。
硬い地盤・柔らかい地盤・・・・・・こうしたその土地固有地盤の性質を調べるために、地盤調査を行います。
地盤の状態を知り、これをもとにその地盤にあった基礎を設計するのです。
それは人にとっての健康診断や処方箋と同じ意味をもっています。
そして、その土地の健康診断の結果をまとめてあるのが、この地盤調査報告書です。

🔸10年間保証期間で地盤調査は必須項目に!

品確法(2000年4月施工)により、地盤が原因の不同沈下は基礎の瑕疵扱いになりました。
住宅の地盤は、基本構造部分に含まれませんが、住宅の設計・施工を行う場合には、その前提として地盤の状況を適切に調査した上で、調査結果に対応した基礎の設計・施工を行うべき義務があるため、例えば地盤が軟弱であるにもかかわらず、地盤の状況を配慮しない基礎を設計、施工したために不同沈下が生じた場合には基礎の瑕疵として本法の対象となります。

🔸建築工事に関する地盤調査

  • 更地:原則5ポイント(建物四隅と中心の計5ヶ所測定)
    ただし、長辺で15mを超える場合は、中間測定をお勧めします。
  • 建替予定:敷地に余裕があれば、原則4ポイントの測定をお勧めします。
  • 基本的に熊本、福岡、鹿児島を調査対象としますが、隣県内も承ります。
  • 調査地は原則平地であり、試験機搬入幅70cmが必要です。
  • N値25前後まで調査、最大深度15.00mまで調査可能

🔸土木工事に関する調査

  • 2.0mを超える工作物、擁壁

当社は調査専門会社として従来の手動式に比べ、より正確な調査を求めるため、日東精工社製 ジオカルテIII試験機を採用し、よりハイレベルな調査業務を実施しております。
また、分解も可能な為、狭小間口や既存家屋周囲も調査可能です。

日東精工社製
ジオカルテIII試験機

日東精工社製
ジオカルテIII試験機:本体

日東精工社製
ジオカルテIII試験機:分解


地盤調査業務は急を要するケースが多く、一刻も早く報告書が必要になります。
当社では、調査日当日にデータを出力後、メール又はFAX送信し、翌日に宅配便にて配送しますので、調査日から3日目には、確実にお届け致します。

調査テ゛ータ2のサムネイル

調査テ゛ータ8のサムネイル

調査テ゛ータ10のサムネイル

調査テ゛ータ12のサムネイル

クリックすると拡大します


調査専門会社としての所見は判定基準の参考目的でご提示しますが、容易に高価な基礎補強工法のご提案は極力避け、中立な立場でより良いアドバイスをご提案致します。
航空写真や地形図、古地図。土地条件・微地形区分図、活断層マップなどを駆使して、事前資料調査も充実させています。
また、報告書には古地図も添付し、調査地の歴史も考慮し広い視野でご検討させて頂いております。

地盤資料1のサムネイル

地盤資料2のサムネイル

地盤資料3のサムネイル

地盤資料4のサムネイル

クリックすると拡大します

調査価格

更地 原則5ポイント(報告書2部含む) 土間ハツリ 1ヶ所毎
建替地 原則4ポイント(報告書2部含む) 熊本・福岡県外 遠距離料金

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ