事業案内

地盤調査|スウェーデン式サウンディング試験

地盤調査は土地の健康診断です。
地盤の性質は場所によって異なりいろいろな性質があります。硬い地盤・柔らかい地盤・・・・・・こうしたその土地固有地盤の性質を調べるために、地盤調査を行います。地盤の状態を知り、これをもとにその地盤にあった基礎を設計するのです。それは人にとっての健康診断や処方箋と同じ意味をもっています。そして、その土地の健康診断の結果をまとめてあるのが、この地盤調査報告書です。
10年間保証期間で地盤調査は必須項目に!
品確法(2000年4月施工)により、地盤が原因の不同沈下は基礎の瑕疵扱いになりました。
住宅の地盤は、基本構造部分に含まれませんが、住宅の設計・施工を行う場合には、その前提として地盤の状況を適切に調査した上で、調査結果に対応した基礎の設計・施工を行うべき義務があるため、例えば地盤が軟弱であるにもかかわらず、地盤の状況を配慮しない基礎を設計、施工したために不同沈下が生じた場合には基礎の瑕疵として本法の対象となります。
建築工事に関する地盤調査
  • 更地:原則5ポイント(建物四隅と中心の計5ヶ所測定)
    ただし、長辺で15mを超える場合は、中間測定をお勧めします。
  • 建替予定:敷地に余裕があれば、原則4ポイントの測定をお勧めします。
  • 基本的に熊本、福岡、鹿児島を調査対象としますが、隣県内も承ります。
  • 調査地は原則平地であり、試験機搬入幅70cmが必要です。
  • N値25前後まで調査、最大深度15.00mまで調査可能
土木工事に関する調査
  • 2.0mを超える工作物、擁壁

ポイント1|正確な調査

当社は調査専門会社として、従来の手動式に比べ、より正確な調査を求める為に、YBM社製
オートマチックGR SST-100自動データ収集機能(データ収集、データの記録、データの出力)試験機を採用し、作業中の75kg自沈も瞬時センサーで感知可能な万能機をもって、よりハイレベルな調査業務を実施致しております。また、幅員75cmで移動可能な為、狭小間口、既存家屋周囲も調査可能です。

  • YBM社製オートマチックGRSST-100
    YBM社製オートマチックGRSST-100

  • 制御盤
    制御盤

  • その場でノートパソコンにデータ出力
    その場でノートパソコンにデータ出力

ポイント2|より速く

地盤調査業務は急を要するケースが多く、一刻も早く報告書が必要になります。
当社では、調査日当日にデータを出力後、FAX送信し、翌日に宅配便にて配送しますので、調査日から3日目には、確実にお届け致します。

  • 全測点のデータ記録表
    全測点のデータ記録表

  • 各測点のデータ記録表
    各測点のデータ記録表

ポイント3|より良いアドバイス

調査専門会社としての所見は判定基準の参考目的でご提示しますが、容易に高価な基礎補強工法のご提案は極力避け、中立な立場でより良いアドバイスをご提案致します。また、報告書には百年前の古地図も添付し、調査地の歴史も考慮し広い視野でご検討させて頂いております。

  • 現在の地形図(八代)
    現在の地形図(八代)

  • 100年前の古地図(八代)
    100年前の古地図(八代)

調査価格

更地 原則5ポイント(報告書2部含む) 土間ハツリ 1ヶ所毎
建替地 原則4ポイント(報告書2部含む) 熊本・福岡県外 遠距離料金

地盤保証も利用できます!保証会社:シールドエージェンシー(株)

建物お引渡し日から10年間、ひとつの事故につき最高5,000万円までを保証します。詳しくは当社までお尋ね下さい。

ページのTOPへ戻る

建設工事の設計管理

女性の管理建築士として、既成の設計事務所を少し視野を変えて、女性ならではの企画設計をご提案させて頂きます。プランニングから完了・検査まで全工程をお手伝いさせて頂きます。

敷地測量調査

現地にて測量を行い、敷地図、法的調査等をまとめて報告書として提出します。

もっと詳しく

住宅ECO地盤対策 GRRシート工法

環境に優しく、低コスト。エコロジーにも配慮した、新しい補強工法です。

GRRシート工法は、基礎の根切り底地盤に砕石を撒き出し、それを転圧して盤構造を形成し、その上に地盤補強シート(GRRシート)を敷設することにより地盤を補強する工法です。GRRシートの端部は地盤に固定され、シート上には更に砕石撒き出しと転圧が行われます。砕石層に挟まれたGRRシートに建物荷重が作用すると、わずかな地盤の沈みこみによりシートに張力が発生します。発生したシートの張力は、地盤の均質性を高める役目を果たすことから地盤にかかる建物荷重は分散化され、かつGRRシートと上下の砕石との摩擦力によるシートの不同沈下が抑制されます。

GRRシート工法の特徴

GRRシート工法は地盤調査の結果をもとに、対象とする地盤の性質、地下水位、周辺環境などから設計され、軟弱地盤の上に建つ構造物の沈下量および不同沈下を低減し、将来にわたり安定して構造物を保持することが可能な工法です。

  1. 地盤固化剤を使用しない為、六価クロム等の有害物質の発生が無く、土壌汚染・地下水汚染を起こさない。※
  2. 施工深度が浅い為、文化財埋蔵地域での施工が可能。
  3. 作業は振動及び騒音が無い為、近隣に迷惑を掛けない。
  4. 施工において、杭打機等の重機を使用しない為、狭い場所やアプローチに段差のある敷地等でも施工可能。
  5. 工数が少なく、かつ全て目視で確認できる工程の為、施工管理が確実にできるとともに施工時間を短縮できる。
  6. 基礎工事の流れの中で施工できる為、特別な工程は組まなくても良い。

GRRシート工法適用可能な地盤

GRRシート工法は以下に示す地盤条件の場合に適用可能となります。

  • 平行推積層地盤。
  • 切土と盛土が混在していない地盤。
  • 新規の埋戻し土を含まない地盤。
  • 基礎の底面(基礎コンクリートの最も深い部分)から5.0mの深度までの地層がSWS(スウェーデン式サウンディング)試験でWSW500N(支持力15kN/m2)以上である地盤。
  • 調査地盤面から1m程度の深度までに地下水位がない地盤。
  • その他、設計監理者が適用可能と判断した場合。

※不動産鑑定評価基準の改正(平成15年1月1日~)により、土地の鑑定評価時土地の中に土壌汚染物や人的な地下埋設物があると撤去費用相当額を評価価格から減免される事になりました。地盤改良・補強工事の方法によって不動産(土地)の評価価格が下がってしまうことが発生します。

施工状況写真

  • 転圧(ランマー)

    転圧(ランマー)
  • 転圧(1tローラー)

    転圧(1tローラー)
  • 転圧完了

    転圧完了
  • シート敷き込み(1層目)

    シート敷き込み(1層目)
  • シート敷き込み(2層目)

    シート敷き込み(2層目)
  • 施工完了

    施工完了

  • 地盤保証
  • 建設工事の設計管理
  • 敷地測量調査
  • 住宅ECO地盤対策 GRRシート工法
お気軽にお問い合わせ下さい

地質調査・敷地調査などでご相談、お問い合わせ等がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ